マテリアルデザインでダッシュボードを作った

マテリアルデザインでダッシュボードを作った

いま作っているWebサービスでマテリアルデザイン採用することにしました。
Bootstrapはいわゆる『ブート感』てんこ盛りという感じで飽きている人もいそうですし、自分としても新しいCSSフレームワークを触ってみたいと思っていたのがきっかけです。

マテリアルデザイン用のCSSはたくさんありますが、今回は一番有名そうなMaterializeを使うことにしました。

詳しくはQiitaを参照してください!(雑)
10分でマテリアルデザインのダッシュボードを作る

手順通りに進めるとこのようなダッシュボードができます。



使ってみて思ったのは、
・デザインを知らなくてもそれっぽいUIになる
・モーダル、パララックス、タブなどが非常に簡単に実装できる
・細かいアニメーションが気持ちいい
ですね。

特にアニメーション部分がいいですね。Bootstrapにはない気持ちいアニメーションが作れます。

Webサービスを作るときはどんどん使っていこうと思います!

2018-08-13T16:17:23+00:00

About the Author:

齋藤大地
取締役。大手Sler出身。三度の飯よりコーディングが好きな人間。得意じゃないイラレやフォトショなどの仕事をしている時は目が死んでいる。使用言語は、Swift、Ruby(Ruby on Rails)、PHP、Javascript、Kotlin(ちょっとだけ)。

Leave A Comment

TWITTER

ご相談ください

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください