受託仕事を進めるにつれ当初なかった要件が次々に現れる

IT企業あるあるではないでしょうか?

さらに、

実装は理論上可能だけど無理が生じる

というのもIT企業あるあるです。

上記のような状況が生じた時に、
なんでもかんでも「はい!よろこんで!」精神を発揮するのではなく、
将来的な保守リスクなどをしっかりと説明するのがプロでしょう。

無理くり実装に持ち込んでスパゲッティコードが出来上がる、

みなさんそういった経験は一度や二度はあるのではないでしょうか?

クライアントとの長期的な信頼関係を構築するためにも、
本当にクライアントのためになる提案をできるだけの力を身に付けたいと自戒する日々です。