先日のWordPressのメジャーアップデート。

投稿画面も一気にGutenbergエディタに変更されました。

Web周りの営業をしていると、
保守費用を必要以上に嫌がる人も少なくありません。

毎日投稿を行なっていたお客様が深く考えずにwpのアップデートをかけ、
あの投稿画面を見たら面食らうのは間違いありません。

メジャーアップデートをする際には、
プラグインとの互換性チェックなど、
やるべきことが多いです。

お金が欲しいのではなく、
安心安全なウェブ運営をしていただくためにも、

なぜ保守費用というものが存在するのかについて、
しっかりと説明できる営業になりたいと思いました。

ちなみに、
もう面食らってるよーって人は、

を確認してください。