バンコクのコワーキングスペースを利用して思ったこと

バンコクのコワーキングスペースを利用して思ったこと

バンコクモクモク

先月、1週間ほどバンコクに滞在し、コワーキングスペースに引きこもってきました。

私はかなりのバンコクラバーなので、バンコク自体に目新しさはなかったのですが、
コワーキングスペースを利用するのは今回が初めてでした。

利用したコワーキングスペースなどは,

こちら、バンコクのコワーキングスペースに行ってみた。

にまとめてありますので、興味のある方はご参照ください。

バンコクのコワーキングスペースの感想は?

結論。

ものすごーーく快適に仕事ができました。

「海外に来てまで仕事場っぽいところで仕事をしたくない!」
「wi-fiのつながるオープンテラスみたいなところで仕事がしたい!」


だなんて思っていたのですが、一度あの生産的な空間を体験すると、カフェでの作業には戻れませんね汗

ちょっとした仕事上の勘違いもあり、
朝から晩まで仕事続きという状況になったのですが、
快適な空間にも支えられ、効率的に作業ができました。

リモートを否定する理由がほぼなくなってきてる

ここ10年程度で、東アジア諸国のwi-fi環境は劇的に改善されたと思います(日本も含めて)。

治安を不安に思う人もいるでしょうが、これは人(というか行動)によるのでなんとも言えません。
(少なくとも私はあまり危険を感じたことはない)

対面を強要する、メールを使えない年配の方々も減ったはずです。

もうWeb業界に限っていえば、日本で活動する必要性はさほどないように感じます。

もちろん、ディレクター職の人間が年がら年中海外にいるのは、いろいろと仕事に支障が出るでしょう。

ただ、バリバリにコーディングを行なっている人間は、拠点を海外に移しても問題はないはずです。
(海外のコワーキングスペースにいるフリーランスはみんなslackカタカタ打ってます)

たとえば、
10人の組織で活動している場合、2~3人が東京にいれば仕事は回ると思います。

コーダーにしても、対面が必須という状況がきたら、帰国すればいいだけの話ですからね。

生産的に活動できる場所は人それぞれです。
そして我々は今、その場所へのアクセスが整っている時代を生きています。

いい時代に生まれたなー、と思います。

2018-09-14T17:52:55+00:00

About the Author:

宮倉洋樹
代表取締役社長 / ゴルフ狂 / 暇さえあればスイング研究を行う熱心なゴルファー / グリーン周りの逆目が苦手 / 今年から営業も頑張ります。

Leave A Comment

TWITTER

ご相談ください

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください