daichisaito

齋藤大地
齋藤大地

About 齋藤大地

取締役。大手Sler出身。三度の飯よりコーディングが好きな人間。得意じゃないイラレやフォトショなどの仕事をしている時は目が死んでいる。使用言語は、Swift、Ruby(Ruby on Rails)、PHP、Javascript、Kotlin(ちょっとだけ)。

MySQLがbundle installできない!(Ruby on Rails)

2018-05-20T17:35:09+00:00

bundle install したときに mysql2 のところでエラーが出ました。 DS-MacBook-Air:rails_app daichisaito$ bundle install The dependency tzinfo-data (>= 0) will be unused by any of the platforms Bundler is installing for. Bundler is installing for [...]

MySQLがbundle installできない!(Ruby on Rails) 2018-05-20T17:35:09+00:00

ハードウェアのシリコンバレー 深圳(事前準備編)

2018-04-01T23:39:59+00:00

はじめに 先日参加した技術勉強会で「いま、深センがアツイ(意訳)」というお話を聞いて深センに興味を持ちました。 QRコードでの決済、シェアサイクルなどそれ自体は日本でも存在しますが、いずれもそれほど浸透していないのが現実です。 それらがデファクトスタンダードになっている社会を実際に体験したいと思ったのが今回の旅行のきっかけになります。 今回の記事は事前準備です。 目次  WeChatPayを現地で使える状態に  VPNサービスの契約  国際SIMカードの購入   1. WeChatPayを現地で使える状態に 深センでは現金でのやり取りはほぼなく、QRコードでの決済が一般的だそうです。 コンビニ、屋台、タクシー、電車、何から何までQRコードで決済できます。 アリババが提供するアリペイやテンセントが提供するWeChatPayというアプリがデファクトスタンダードのようですが、 今回はWeChatPayを利用することにしました。 ⑴アプリのダウンロード とりあえずAppleStoreからアプリをダウンロードしましょう。 ⑵クレジットカード登録 ちょっと具体的な手順はメモってなかったのですが、特につまることなくできたと思います。 ⑶マネーのチャージ これは3つの方法があります。 中国の銀行口座からチャージする WeChatPayを既に使ってる人から送金してもらう形でチャージする PocketChangeという機械でチャージする 1.は口座作るのが手間なので選択肢から除外。 2.は私の周りには使ってそうな人はいないので除外。 3.は手数料が高いみたいだし、元にしか対応してないので除外。あと成田にない。 困った。。。 が、色々調べるとtOriPayというサービスがありました。 [...]

ハードウェアのシリコンバレー 深圳(事前準備編) 2018-04-01T23:39:59+00:00

TWITTER

ご相談ください

 確認ページはございません。内容をご確認の上チェックを入れてください